どちらの働き方がいいのか

 正社員にとってみると、自由度の高さはフリーランスの魅力だといえます。しかし、もしも正社員として働けるのであれば、その立場を簡単になくしてしまうのは禁物です。自由度の高さは裏を返すと安定性がないということであり、フリーランスはどうしてもクライアントに合わせて仕事を進めるケースが増えてしまいます。企業の正社員であれば忙しさは同じでも立場的な面で心配がない分、迷うこともなく仕事に取り組めるのです。現在取り組んでいる仕事を逃しても次の仕事が待っているという余裕が、正社員とフリーランスの間では大きな違いでしょう。

 企業を立ち上げて自分の力で成し遂げたいという野望があれば違いますが、倍以上の収入が見込めてからフリーランスになることを検討しても遅くはありません。IT系の仕事は日々の勉強も大切で、肉体的にも精神的にもハードです。フリーランスになったときに、自分が何歳まで現場に出るつもりなのか考えると、ある程度の収入増が見込めなければ安易な考えでフリーランスを継続していくのは厳しいでしょう。能力的な意味でも強みがあって、他者との差別化ができるのであれば収入アップも期待できますが、営業力次第では思うほど稼げません。 また、スキルアップを行うために必要なセミナーや勉強の必要経費もかさんできます。市場が右肩上がりで、しばらく景気も期待できる頃に飛び出すくらいの余裕をもって、じっくりと検討してからフリーランスになった方が賢明といえるでしょう。検討するための材料の1つとして、正社員VSフリーランスというサイトに一度目を通してみるのもいいかもしれません。