忙しさを感じるメリット

 正社員の場合は、繁忙期に忙しさが集中することが多いです。繁忙期は、勤務時間や残業時間が長くなってしまうほどに忙しくなる可能性があります。しかし、繁忙期以外の時期でも任されたプロジェクトによっては、忙しさを感じてしまう場合もあるはずです。忙しさから体調を崩す危険性もあるため、自己管理能力を高めておくことが重要となります。この忙しさはデメリットだけのように感じますが、実際のところそうとも限りません。IT系の企業で正社員として働いている場合は、多くの仕事をチームとして行います。チームとして仕事を行うことで1人にかかる負担を軽減できるので、体調を崩すことなく繁忙期を乗り越えることもできるのです。この繁忙期を乗り越えたことによる達成感をチームのメンバーと分かち合えるというのもメリットの1つとなります。

 フリーランスの場合は、忙しさを感じるかどうかは自分次第といえるでしょう。フリーランスは仕事量や作業時間を自分で決められます。つまり、仕事量を増やしていくにつれて忙しい時期が続きます。その仕事量を、1日にどのような配分で行うかによっても忙しさが変わるのです。例えば、通常の場合であれば1週間かかるものを1日の作業時間を延ばして作業をすることで、5日で終えることができるように調節します。そうすれば、忙しく感じる期間を5日に短縮できるのです。仕事量を減らしてクライアントとの交渉の際に高単価の仕事を請け負えるようにすれば、忙しい時期を減らすこともできるかもしれません。