働き方で目指すところが違う

 正社員として働くのはIT系のエンジニアがまず最初に選ぶ道ですが、その後のキャリアパスについては本人が抱いている目標によって異なります。正社員になってからしばらくしてフリーランスを目指す人は、そのまま正社員として働き続ける人とは異なる目標を抱いてエンジニアになっているのです。正社員で働くことを念頭に置いてきた人は、就職した企業で自分の興味に沿った仕事に従事していくことを目標にしています。最初からやりたい仕事ができなかったとしても、社内で成果を上げていけば最終的には従事できると考えて働いているのです。昇進したいという場合にも着実に能力を磨いて結果を出し、評価を高めていけば実現できる可能性があります。

 正社員は、企業内部で目指すところを定めてみんなでそれに向かうことが一般的です。一方、フリーランスを目指す人は、新しいことに挑戦したいという気持ちを持っていることが少なくありません。企業で働いている期間は、あくまで自分の能力を高めるための準備段階の場合が多いのです。現場経験で培った能力を活かしてエンジニアとして何ができるかを模索したり、さまざまな仕事に従事してお金を稼いだりしたいというのが典型的な目標としてみられます。ただ、正社員として働きたいけれどフリーランスをする人もいます。フリーランスで経営に関する経験を積むことで、経営に携わる立場で抜擢してもらうことを目指しているのです。経営に携わりたいという目標を持っている人にとって、魅力的な道となっています。